ケアマネージャーは要介護認定を受けた人をサポートする仕事です

ケアマネージャーは要介護認定を受けた人をサポートする仕事です

介護を必要とする65歳以上の人が介護認定で要介護と認定されると担当のケアマネージャーがつきます。要介護認定を受けた人やその家族の手助けをするのがケアマネージャーの仕事です。まず最初に要介護を受けた人の所へ行き、どのような症状なのかを詳しく聞きます。

そしてその人に必要なサービスは何かを考え、その人に合っている施設を探します。いくつかの施設を紹介し、要介護者や家族と話し合い利用する施設を決めます。施設を選ぶ時は、身体が不自由な方には軽いリハビリがある所を選び、認知症の方には脳の活性化につながるようなサービスがある所を選びます。利用する施設が決まったら、その人の介護度に応じて使えるサービス内でケアプランを作成します。

施設と利用者の間に入るので、利用者の様子を事細かに施設に伝えなければいけません。利用者の性格なども伝えて施設の方にその人に合ったケアをして貰えるようにお願いします。要介護者やその家族は毎日不安を抱えて生活しています。だからケアマネージャーは事務的な仕事だけをするのではなく、要介護者やその家族の心に寄り添って悩みを聞いてあげたり相談にのってあげアドバイスをしてあげる事も大切な仕事です。

Copyright (C)2015ケアマネージャーは要介護認定を受けた人をサポートする仕事です.All rights reserved.